メニュー

県立トップページ > キッズページ> きせつおすすめ本2017年1・2月 
きせつのおすすめの本
 「おもしろそう!おいしそう!
      お菓子が出てくる本」
    
    ひとことでお菓子といっても、おしゃれでかわいいケーキや、素朴でおいしい
   クッキーなど、色々なものがありますね。皆さんはどんなお菓子が好きですか?
   お菓子が出てくる絵本や小説、料理本などを紹介しています。

   ✳本のなまえをクリックすると、よやくすることもできます。
 


               
 
  
本のなまえかいたひとしゅっぱんしゃせいきゅうきごう
 こねこのチョコレート
 B.K.ウィルソン/作,
 小林 いづみ/訳,
 大社 玲子/絵
 こぐま社 E/コ
 四才の女の子のジェニーは、お母さんと一緒に買い物へ行き、弟クリストファーへの誕生日プレゼントに、箱に八つ入った、こねこの形をしたチョコレートを買いました。しかしその晩、タンスにしまったこねこのチョコレートが気になって眠れないジェニーは、ひとつくらい、と思ってチョコレートを食べてしまいます。ちょっぴりハラハラする、でも最後は暖かい気持ちになれるお話です。
 父さんはドラゴン・パティシエ
 柏葉 幸子/作,
 中村 景児/絵
 講談社
 366/オ
 雄太の父さんはパティシエです。ある日、雄太は学校で「ドラゴン・パティシエという腕のいいパティシエを誰かがネットで探している」という噂を聞きます。一週間後、一匹の竜が雄太と父さんの前に現れ、「わが君のバースデー・ケーキをつくっていただきたい。」と言って、二人を雲の上のお城までつれさってしまいます。雄太と父さんは、わが君を喜ばせるケーキをつくることができるのでしょうか?物語を楽しみながら、パティシエという職業について知ることができます。
 和菓子の絵本
 平野 恵理子/作 
 あすなろ書房 596/ヒ
 和菓子は、日本で昔から食べられている、あんこやおもちがおもな材料のお菓子です。おやつとしてだけでなく、季節の行事に合わせたものや、自然の風物をかたどったものもたくさんあります。おまんじゅう・おだんご・おせんべいをはじめとした和菓子の材料や道具、つくり方、そして歴史をおいしそうなイラストとともに楽しく紹介しています。目で見て、きれい。食べて、おいしい。そんな和菓子の魅力が伝わってきます。
 魔女のシュークリーム
 岡田 淳
 BL出版
 913/オカタ
 主人公のダイスケはシュークリームが大好き。そんなダイスケのもとにあるひ、カラスと黒ネコが現れて、「百倍の大きさのシュークリームを食べてもらいたい」と助けを求めてきました。魔女の動物たちの『いのち』が、魔女によってシュークリームのなかに隠されているというのです。ダイスケは魔女のシュークリームを食べきり、動物たちの『いのち』を取り戻すことができるのでしょうか?
ほかにもたくさんの本があるよ!としょかんにみにきてね