メニュー

県立トップページ > キッズページ> きせつおすすめの本2014年5・6月 
きせつのおすすめの本
  「おでかけしよう!」
  おでかけするにはぴったりのきせつがやってきました。
  お弁当を持ってちょっとそこまで、トランクに荷物をつめてちょっと遠くに、
どこかへ行きたくなる本はいかがですか?
  雨の日には、本の世界へおでかけしましょう!

   ✳本のなまえをクリックすると、よやくすることもできます。
 
 
  
本のなまえかいたひとしゅっぱんしゃせいきゅうきごう
 どうぶつえんのピクニック アーノルド・ロベル/文・絵
 舟崎 克彦/訳
 岩波書店 E/ト
  どうぶつえんのどうぶつたちは、しいくがかりのマスターさんとバスにのってピクニックにでかけます。
  ゆうえんちをきにいったどうぶつたちは、いつまでもゆうえんちにいたいとおもいました。
  さて、マスターさんはこまってしまいましたが、チョコレートクリーム・ソーダをのんでいいかんがえがひらめきました。
  わたしのおふねマギーB アイリーン・ハース/さく・え,
 うちだ りさこ/やく
 福音館書店
 E/ワ/S
  マーガレットはおほしさまに「じぶんのふねがほしい。」とおねがいします。
  つぎのひ、めがさめるとマーガレットはふねのなかにいました。ふねのなまえは「マギーB」。おとうとのジェームズもいっしょです。
  マギーBには、やぎやひよこがいる小さなはたけ、おいしいスープをつくれる小さなストーブ、あたたかなじぶんのへやがありました。
  ふねはなみのうえをかろやかにすすみます。
 あめの日のおさんぽ U.ヴェンセル/絵,
 若林 ひとみ/訳
 文化出版局 E/ア/S
  ぼくのおばあちゃんは、あめのひのおさんぽがだいすき。ぼくもレインコートとながぐつをもらって、おばあちゃんとおさんぽにでかけます。
  あめのひのまちやもりはいつもとちょっとちがって、おもしろいはっけんがたくさんありました。
 川のほとりのおもしろ荘 アストリッド・リンドグレーン/作,
 石井 登志子/訳
 岩波書店 940/リント 
  おかあさんのたんじょうびに、マディケンとリサベットは、おとうさんとおかあさんとおはなばたけにピクニックにでかけます。
  ごちそうのつまったバスケットをあけようとすると、なんと、まきばからうしがむかってくるではありませんか。
  なんとかきのうえににげたいっかは、うしをしりめに、きのうえでピクニックをはじめます。
  ほかにも、マディケンとリサベットが2人だけで、りんごがおかにとまりにいくおはなしなど、みじかいおはなしがたくさんはいっています。
ほかにもたくさんの本があるよ!としょかんにみにきてね