重要なお知らせ

2月1日から利用のルールとHPが変わりました

12月21日(木)からお知らせしていたとおり、令和6年(2024)1月15日(月)~1月31日(水)の特別整理休館を経て、

2月1日(木)より利用のルールが一部変更、ホームページも新しくなりました。

笑顔でバンザイするふっきょん
 

1 スマホが利用者カードの代わりになります

 お持ちのスマートフォンでパーソナルサービスにログインし、利用者カードのバーコードを表示することで貸出手続きを行うことができます。 

 (画面を明るくしてご提示ください。画面が暗いとバーコードを読み取れない場合があります。)

 

2 借りた本の履歴を記録できるようになりました

 パーソナルサービスにログインして「貸出履歴を残す」設定にすると、設定以降の履歴をパーソナルサービス上で見ることができます。
(※電子書籍は対象外です。)

3 貸出期間の延長は申請日+14日間になりました

 パーソナルサービスでの貸出期間延長について、申請した日から14日間、貸出期間が延びるようになります。
 併せて、申請できるのは貸出翌日からとなります。
(※貸出翌日に延長申請した場合、貸出期間が延びるのは1日だけです。御注意ください。)
(※以前の貸出期間延長ルールは、申請日にかかわらず「元の返却期限+14日間」でした。) 
 

4 予約本の取置期間が8開館日になりました

 予約された当館所蔵資料は、貸出の準備ができてから8日間(休館日除く)カウンターで取り置きます。
 これを過ぎると予約は解除され、次の方が利用できるようになります。(※以前の取置期間は14開館日)

5 予約が最大15件まで可能になりました

 当館所蔵資料への予約について、他館からの取り寄せ分等(リクエスト)と合わせて15件まで受付できるようになりました。
(以前の予約受付上限は10件。リクエストは別途10件。)
 

6 その他、ホームページに新たな機能が付きます

  • 本の検索結果から、その周囲の本を書架のイメージで表示できるようになります。(※スマホ版未対応)
  • パーソナルサービスでは、「マイ本棚」にお気に入りの本などを並べることができるようになります。

 

Q&A

Q1 

 今までの利用者カードは使えないのですか?

A1

ご安心ください、これまでどおり使えます。

 

Q2 

自分が過去に借りた本の履歴を教えてもらえますか?

A2 

図書館職員は、ご利用の方々の貸出履歴を一切見ることができません。

恐れ入りますが、ご自身でパーソナルサービスにログインしてご覧ください。

ただし、「貸出履歴を残す」を設定する前の履歴は見ることができません。

 

Q3

どうしてパーソナルサービスでの貸出延長のルールを変えたのですか?

A3

これまでは借りたその日に手続きしても、貸出期間が28日間となってしまい、次の方の利用を長らくお待たせすることがありました。
読み切れない資料についてのみ延長していただくことで、県民の共有財産である図書館資料を、より多くの方にご利用いただけると考えます。
ご不便に感じる方もおられるかと思いますが、何卒ご了承ください。
 

Q4

他の図書館から取り寄せてもらった本の取置期間はどうなりますか?

A4

これまでと変更ありません。
 

Q5

貸出も15冊までできるようになったのですか?

A5

貸出冊数の上限は、これまでどおり10冊です。