メニュー

県立トップページ > キッズページ> きせつおすすめの本2014年1・2月 

2014年 1・2月

きせつのおすすめの本
「たべてみたいな!つくってみたいな!おかし」
1がつと2がつにしょうかいする本は「おかし」です。
おいしそうなおかしがでてくるえほんや、つくりかたがかいてある本など、おかしにかんする本をたくさんあつめてみました。

本のなまえをクリックすると、よやくすることもできます。
 
 
 
本のなまえかいたひとしゅっぱんしゃせいきゅうきごう
 おちゃのじかんにきたとら ジュディス・カー/作
 晴海耕平/訳
 童話館出版 E/オ
  ソフィーとおかあさんがおちゃのじかんにしようとしていました。すると、げんかんのベルがなり、そこにいたのはおおきなとら。
 「ごめんください。ぼく、とてもおなかがすいているんです…。おちゃのじかんにごいっしょさせていただけませんか?」ソフィーたちはとらといっしょにおちゃをいた だくことになりました。
  でも、とらは、テーブルのうえのサンドイッチやパン、ビスケット、ケーキだけでなく、いえにある たべものすべてたべてしまって…。
  たんじょうび ハンス・フィッシャー/文・絵 
 おおつかゆうぞう/訳
 福音館書店
 E/タ
  リゼッテおばあちゃんは、もりのぞばでたくさんのどうぶつたちといっしょにくらしていました。なかでも、ねこのマウリとルリ、いぬのベロは、いえのなかでねむ るかわりに、いえのしごとをてつだっていました。
  ある日、おばあちゃんがむらへかいものにいきました。そこで、3びきは、みんなでおばあちゃんの76さいのおたんじょうびのおいわいのケーキをやき、それか らおいわいのじゅんびをしようとかんがえました。ほかのどうぶつたちときょうりょくして、じゅんびをはじめます!
  ケーキに、ろうそくに、おはな…さあ、うまくできるでしょうか。
 ゆかいなホーマーくん マックロスキー/作
 石井桃子/訳
 岩波書店 930/マ
  しゅじんこうのホーマーくんは、アメリカのセンターバーグといういなかまちから、さらに3キロはなれたところにすんでいる、10さいくらいのおとこの子です。   ホーマーくんのおじさんはまちでしょくどうをいとなんでいて、そこにはじどうドーナツせいぞうきや、じどうパンやききなどあたらしいきかいがたくさんあります。    あるひ、おじさんにたのまれておみせのるすばんをしていたら、じどうドーナツせいぞうきがとまらなくなってしまいました!おみせはドーナツであふれてしまい そうです。おまけに、「きんのうでわをなくしたの」と、ドーナツのきじつくりをてつだってくれたおかねもちのおばさんがもどってきました。
  ホーマーくんは、いったいどうしたらよいのでしょうか。この本には、ほかにも5つのおはなしがはいっています。
 ポップコーンをつくろうよ トミー・デ・パオラ/作
 福本有美子/訳
 光村教育図書 616/テ 
  ポップコーンは、トウモロコシのたくさんあるしゅるいのうちの1つです。
  ポップコーンはなんぜんねんもまえからあるたべものなんだそうです。そして、むかしのアメリカでは、ポップコーンのひとつぶひとつぶにはちいさなあくまがす  んでいて、ポップコーンがあつくなるとあくまがおこってとびだしてくるといういいつたえがあったそうです。
  ポップコーンのおいしいつくりかただけでなく、れきしもわかる本です。
ほかにもたくさんの本があるよ!としょかんにみにきてね
 

これまでにしょうかいした“きせつのおすすめの本”