メニュー

県立トップページ > キッズページ> きせつおすすめ本2016年9・10月 
きせつのおすすめの本
 「秋をあそぼう!
      たのしもう!!」
    
    秋にはいろいろなイベントがいっぱい!
    ハロウィンにおいもほり!おいしいものもたくさん!
    いろいろな秋を、本といっしょに楽しもう!

   ✳本のなまえをクリックすると、よやくすることもできます。
 


 
 
  
本のなまえかいたひとしゅっぱんしゃせいきゅうきごう
 おおきなおおきなおいも
 赤羽 末吉/さく・え
 福音館書店 E/オ
 あしたはいよいよいもほりえんそくの日。ようちえんのみんなはとてもたのしみにしていたのに、雨のせいでいもほりにいけなくなってしまった。でもおいもはまてばまつほどおおきくなるんだ。おおきくって、どのくらい? とってもとってもおおきくなるよ! みんなでおいもの絵をかこう。それからそれからどうなるの? こどもたちのかんがえたおいもがとってもたのしい絵本。
 パンプキン
 ケン・ロビンズ/写真&文
 BL出版
 E/ハ/S
 秋になると、あちこちでみかけるようになるのが、パンプキン。春に種をまいて、それから少しずつ少しずつおおきくなったよ。手のひらサイズから、みんなよりもおおきなものまで、おおきさはいろいろ。ハロウィンの季節になると、みんなでおばけランタンを作るよ。さあ、みんなもおばけランタンを作って、ハロウィンパーティにでかけよう!
 りんごみのった
 
 ひさかたチャイルド 625/リ
 みんなが大好きな、甘くておいしいまっかなりんご。りんごってどうやってできるのか知ってる? りんごはまず小さくてかわいいお花が咲くよ。そして花びらがちった後、少しずつ実ができて、おおきくなるよ。おおきくてまっかなりんごがいっぱい実るのは、農家のひとたちがたくさんがんばってくれているおかげなんだ。りんごができるまでと、農家のひとたちとのおはなし。
 魔女がいっぱい
 ロアルド・ダール/作
 評論社 930/タル
 魔女って、本当にいるのかな? 最初は信じられなかったけれど、でもおばあちゃんの話を聞いているうちに、本当にいるような気がしてきたんだ。そんなある日、ぼくはとあるホテルでたくさんの魔女たちが話をしているのを聞いてしまった。それは世界中のこどもをネズミに変えてしまうというおそろしい計画。その計画を知ってしまったぼくは、魔女たちにネズミに変えられてしまった! でもぼくは、おばあちゃんと協力して、魔女たちをやっつけることにしたんだ!
ほかにもたくさんの本があるよ!としょかんにみにきてね